【①長期修繕計画】

概要

建物は経年によって劣化してきます。資産価値の維持・向上を図るためには、適切な長期修繕計画を作成し適時適切に修繕工事等をおこなう必要があります。
計画対象建物

当協会がご提供いたします長期修繕計画の対象建物は、マンション、事務所ビル、商業施設等を含む、建築物全般です。
計画項目

長期修繕計画は、将来予想される修繕工事等を計画し、必要な費用を算出し、月々の修繕積立金を設定するために作成するもので、以下の項目を含みます。

【表:計画項目】

計画項目 備考
(1)計画期間
(2)推定修繕工事項目 建築、設備
(3)修繕周期
(4)推定修繕工事費
(5)収支計画
(6)修繕積立金額 (1)〜(5)に基づいて算出します。

 

参考:建物調査基礎用語集
お問い合わせ

 

ページ上部へ戻る