■耐震補強

当協会は、お客様の耐震補強の目的に合わせ、下記①〜⑥の耐震補強サービスを提供しています。

【図:レトロフィットジャパン協会が提供する耐震補強サービス】

レトロフィットコンサルティング

ビルオーナーの耐震問題に関する悩みをコンサルティングして、一歩先行く「レトロフィットメソッド・ソリューション」をご提供しています。

レトロフィットコンサルティング 詳細ページ

予備耐震診断耐震診断

予備耐震診断は、耐震診断および耐震補強計画作成の前に、現状建物の状況を確認することによって、耐震化の必要性の判定を低額費用で行うものです。
耐震診断は、建築物の耐震性能を評価し、耐震補強が必要かどうか判断します。

予備耐震診断 詳細ページ
耐震診断 詳細ページ

耐震補強設計

耐震診断の結果、耐震性能が不足すると判断された場合には、建築物が地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊しないようどのように補強を行うか設計します。

耐震補強設計 詳細ページ

JSPAC(ジャスパック)耐震工法

当協会が推奨する耐震工法です。
柱せん断耐力の増大を目的に、繊維シート工法と鋼板巻き工法を併用した新たな柱巻き工法です。
従来の鋼板巻き補強工事に比べて溶接を必要としないため、居ながら施工が可能なのが特徴です。
耐震補強工事に当工法を採用する場合、当協会の認定施工会社のご紹介が可能です。

JSPAC耐震工法 詳細ページ

ファイナンス

一般的に、金融機関への耐震補強工事の融資申込みの際、耐震計画を提出する必要があります。
当協会は、耐震計画前の融資申込み方策として、低額の「予備診断制度」をご提供しています。

ファイナンス 詳細ページ

補償制度

「レトロフィットジャパン補償制度」は、認定施工会社のJSPAC耐震工法工事に係る損害の補償制度です。

補償制度 詳細ページ

 

ページ上部へ戻る